最近の投稿

カテゴリー

借金をする時の注意について

最近では借金の事をキャッシングなどと呼んで、世間にも以前に比べると非常に浸透していきていると言えるのではないでしょうか。
なので借金をしているという方もいれば、これからしたいと思っている人もかなり多いのではないでしょうか。

しかし、世間に浸透してかなり使いやすいものになっているとは言え、このキャッシングという行為には当然危険な事もあり、注意をしなくてはいけない事も少なくはありません。
ですから、まずはその注意点についてご紹介をしたいと思います。

まず、当たり前の事ですが借金で借りたお金は返さないといけません。
またその際には利息がつくという事も忘れては行けないポイントになります。

この事を忘れて、便利だからといってどんどんキャッシングをしてしまう人も実は多く、金銭感覚が麻痺してしまったり、返済が不可能になってしまったり、そういった無計画なキャッシングは良い結末を招くという事はまずありません。
ですから、この当たり前だと思える事を、今一度きちんと注意をしないと、便利に出来すぎる借金では失敗をする事も多くなってしまうと言えるでしょう。

借金をしている方、する予定のあるという方はこれらを参考にし注意をしてください。

親からの金利なしの借金でも返済はとても大変でした

私は両親から150万円の借金をした事があります。
関連:即日融資

原因は仕事が上手く行かず退職をしてしまいその後仕事にやる気を見出せなくなりニートになった時でも仕事をしてた時に親に入れていた毎月4万円の生活費とパソコンの購入や友達と遊びに行く時に必要なお金も全て親から借りていました。

2年間ニートの期間を過ごしていたので親からの借金は150万円以上もにもなっていたのですが親は私を信じて金利はなしにして仕事をしてから支払えば言いと言ってくれました。
ニートを卒業して仕事をするようになって毎月の給料から返済をする事にしました。

給料は多くはなかったのですが早く返済したいのもあり月6万円の返済金と生活費を合わせて毎月10万円なので給料の3分の2に相当します。
残りのお金で弁当やガソリン代なども払わないといけないので手元に残るお金は毎月殆どありませんでした。

もし借金をしていなければ毎月6万円のお金がフリーで使えるお金になっていたと考えると人生レベルに匹敵するくらい大きな違いです。
ただそれ以上にもし親ではなく金融業者から借金をしていた場合は返済額がとんでもない額に膨らんでいるので辛い生活をずっと続けなくてはならないと考えると、お金を借りるなら金融業者ではなく親から借りていた事はとてもよかったと思いました。

借金の返済は毎月の生活に大きく負担になってしまうのでできればやらない方が良いと実際に体験して思いました。
ただどうしてもしないといけない場合は身内からお願いしてみるのが良いと思います。

私が初めて借金したときの話

私が初めて借金をしたのは、23歳のときです。
そのときにどうしても光脱毛がしたくて、家庭用脱毛器を購入するために借金をしました。

ショッピングローンを組めば、手数料無料で借りることが出来たのですが、私が家庭用の光脱毛器を決意したのは、好きな人を含むグループとプール付きのホテルに旅行することが決まった2ヶ月前で、ゴールデンウィークの前日。
でも私はVゾーンがとても広いので、このままではだざい水着しか着れません。

なのでどうしても早く脱毛に早く取り掛かりたくて、手元に欲しかった私はそれまで一度も使ったことがなかった銀行カードのキャッシング機能を使ってしまいました。
分割返済が出来るタイプだったので、返済は24回払いにして。

利息はたしか20000円以上かかったと思います。
冷静に考えると結構な利息ですよね。

当時はとにかく光脱毛器が早く欲しいという気持ちが勝って、深く考えませんでしたが、そこから2年返済のたびに、「馬鹿な借金したかも・・・せいぜい1週間くらいしか変わらないんだったから待つべきだったかも」と思うはめになりました。
今は返済し終えたので、もう思い出すこともほとんどなくなりましたけどね。

でもまあ良い経験だったのかも知れません。

借金するということに罪悪感を持つ必要なんて無いんです

人からお金を借りる借金をするということはどうしてもマイナスのイメージと取られる方が未だに多いのが実情だと思いますが、大きな意味では国だって国民から借金をして成り立っているようなものですので、借金イコールダメなことという固定観念は捨ててしまったほうがいいんじゃないかと思います。
自動車や家を買うときのローンだって借金ですから、ハッキリ言って借金をせずに一生を終える人なんてほとんどいないんじゃないでしょうか。

だから切羽詰まった状況という訳ではなく、普通にみんなローンという形で借金をしているんです。
借金といえば最近ではかなり気軽に利用できるようになったキャッシングもその範疇に入りますが、これもまた古い消費者金融の固定観念を持っている人が結構残っているんです。

今の消費者金融のキャッシングは以前とは比較にならないくらいオープンな経営をしていますので、ちょっと利用するのが怖いんじゃないかと思っている人はハッキリ言ってちょっと時代遅れなのかもしれません。
今の生活レベルを一段階上げる為に借金するということはかなり有益なことだと思いますので、大事なことは事前に細かく返済のための計画を練っておくということで、それさえ万全にしておけば借金なんて全く怖くないことだと思います。